ネットTAM

2001年度

カフェ、ワークショップ—座学から実践へ

TAMも新世紀に突入。前年からスタートしたチャレンジ編も回を重ね、各セッションからもうかがえるとおり、さまざまなバリエーションがあらわれます。
講座のターゲットやテーマの多様性に加え、開催スタイルの変化がみられます。福岡のカフェや帯広のワークショップなど、TAMはいよいよ座学から、まちにむきあう実践の色あいを強め、社会にじわじわと染み出しつつあるようでした。

42
盛岡セッション
市民参加から市民協働へ
アートの地産地消運動を
41
名古屋セッション 
アートで、つながる
―芸術活動と地域社会を結ぶ橋渡し役・アートマネジメントの真相とは―
40
浪岡セッション
映画祭メチエ
―新しいアートマネジメントを目指して
39
広島セッション
コンサートって何?
―クラシックの音楽会について徹底的に考える―
38
帯広セッション
はじめてのアートマネジメント
―人が動く、地域(マチ)が目覚める
37
新潟セッション
翔ばたけ! ジュニアオーケストラ
〜子どものために、地域、企業、行政、そしてホールは何ができるか〜
36
福岡セッション
冷泉藝館
―3daysアートセンター