ネットTAM

トヨタ・アートマネジメントの関連資料等をPDF化しました。いつの時代にも共通するトピックスや課題点について、まとめてお読みいただけます。日頃の実務に、学業に、ぜひお役立てください。
なお、これらはすべて(公社)企業メセナ協議会のライブラリにて、原本を閲覧いただけます。

トヨタ・アートマネジメント講座(TAM)

TAMは、アートを通して地域社会を活性化する「地域のアートマネージャー」を各地で育成し、行政・文化機関・地域など、さまざまなレベルで地元密着型のアートマネジメントが盛んになることを目的に、1996年から2004年まで全国32地域で53回開催し、のべ1万名に参加いただきました。振り返れば、現在各地で活躍するアートNPOの萌芽がここには多数あり、TAM各回の議論はいまだ色あせません。ここでは、計11冊刊行された報告書・会議録(出版物一覧)のうち、TAM運営委員会編の5冊をPDF化し公開します。

※上記以外の報告書、会議所は「TAM出版物一覧」に目次を掲載しております。
※編著者・発行元は刊行当時の名称です。

『これでいいのか? アートマネジメント!+次世代からのマニフェスト~TAMスピーチ大会―名古屋大会2003・東京会議2004会議録』
『トヨタ・アートマネジメント講座の軌跡 1996-2004』
『アートマネジメント教育−現場が求める人材とは―東京会議 '02 会議録』
『アートマネジメントの魅力―名古屋大会2000 会議録』
『アートマネジメントの力―東京会議 '98 会議録』

トヨタ・エイブルアート・フォーラム

トヨタ・エイブルアート・フォーラムは、「障がいのある人たちの芸術活動に対する理解促進」と「豊かな創造活動のための環境づくりと人づくり」を目的に、1996年から2003年まで、全国34地域で計63回開催し、福祉関係者、美術関係者、教育関係者、障がいのある方の家族、学生、地方自治体関係者など、のべ約7700名に参加いただきました。トヨタ+エイブル・アート・ジャパン+各地実行委員会の3者が一体となって運営にあたり、各地域で3年のプログラムを実施。各地の実行委員会はその後アートNPO等へと発展し、現在もこの領域を牽引しています。本冊子は、7年間の締めくくりとして実施した総合セッションの会議録です。貴重な議論が凝縮しています。

※編著者・発行元は刊行当時の名称です。

『アートは社会の未来への投資:
新しい価値の創造にむけて・市民社会と企業のコラボレーション
―トヨタ・エイブルアート・フォーラム総合セッション講演録』

トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクト

アート現場の抱える課題を“見える化”し、解決策(仕組みづくり)を考える時間と実現までの取り組みをサポートする公募助成プログラム「トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクト」を2008年に実施しました。全国から約80件もの多彩なアイディアが寄せられ、公開プレゼンテーション大会で選ばれた3件のKAIEN案が、仕組みづくりに挑戦しました。ここでは、成果物がPDF化された2つのKAIZEN策を掲載します。

『芸術団体のためのファンドレイジング・ハンドブック
~ 個人サポーター獲得を目指して ~』
「ITを活用した、アートマネジメントセミナー等のネット配信」マニュアル