ネットTAM

件名:
[23844]
新型コロナウイルス:活動情報_県北芸術村推進事業交流型アートプロジェクト「たよりをつむぐ」(茨城県 県北地域)
投稿者:
ネットTAM運営事務局 E-mail
投稿日:
2020/10/15
場所:
茨城県
ジャンル:
展覧会 | 公演 | 上映会 | 講座 | 講演 | ワークショップ | シンポジウム | その他の催し | 公募・募集 | 出版物 | その他
テーマ:
新型コロナウイルス
県北芸術村推進事業交流型アートプロジェクトでは、「たよりをつむぐ」というテーマのもと、3組のアーティストが滞在制作を行います。コロナ禍の今、手紙、掲示板、回覧板などを用いて地域住民と交流する、「これから」の「交流型アート」を模索する試みとしています。

会  期: 2020年10月15日ー2021年2月8日
タイトル: たよりをつむぐ
会  場: 茨城県 県北地域
主  催: 茨城県
キュレーター: 小川 希

※詳しくはこちらから→
https://kenpoku.info/

以下、ウェブサイトより一部転載
---------------------

本年度の県北芸術村推進事業交流型アートプロジェクトでは、「たよりをつむぐ」というテーマのもと、茨城県北地域を舞台に3組の現代アーティストが地元地域に根ざしたアート表現を制作・発表します。今回参加するのは進藤冬華、青木真莉子、オル太の三組。各アーティストは県北の各地域にそれぞれ1ヶ月間滞在し、地元住民たちと手紙、掲示板、回覧板等の間接的なコミュニケーションを重ねながら、相互の交流を深め、強い繋がりとともに「たよりを通してしか作り上げることのできない形」を紡ぎ出していきます。本プロジェクトは、新型コロナウイルスが世界中を覆い尽くす中、「これから」の「交流型アート」を模索する試みでもあります。オンラインという即時のコミュニケーションをあえて使うことなく、手紙や掲示板、回覧板等の時間と距離をともなう手段だからこそ導き出せる”古くて新しい”表現をアーティストは地域の人々と共に考え作り上げていきます。「たよりをつむぐ」とは、手紙等の間接的コミュニケーション手段を介したアート表現であると同時に、「信頼関係」=「たより」を紡ぐプロジェクトでもあります。

----------------------
コメント 0件 新しい順
コメントを投稿するには、ネットTAMメンバーズ ログイン または 新規登録 いただく必要があります。

注意事項(閲覧者の皆様へ)

ご投稿にあたって

以下の項目に該当するとみなされる書き込みはご遠慮ください。また、投稿内容が社会的ルールや当サイトの内容にふさわしくないと判断した場合や、悪質な書き込みに関しては投稿者への予告なく、管理人が内容を削除いたします。

なお、掲示板に掲載された情報によって生じたトラブルや損害等については、ネットTAMは一切の責任を負いません。

  • 特定の対象に対する誹謗中傷に値すると思われるもの。
  • プライバシーの侵害となる他者の個人情報や虚偽の内容。
  • 報の引用・転載等、掲載する内容が著作権法に反するもの。
  • 社会通念上の差別に相当すると思われるもの。
  • 公序良俗に反する記述やURL、リンク情報。
  • 商品・サービスの販売目的と見なされるもの。
  • その他、本掲示板に不適切と判断されるもの。