ネットTAM

アートの分野

音楽

情報の内容は以下の通りです。
『本のタイトル』編・著者、出版社・発行元(出版年)

  • 『音楽と美術のあいだ』大友良英=著、刀根康尚、鈴木昭男、毛利悠子、梅田哲也、堀尾寛太、Sachiko M=対談、フィルムアート社(2017)
  • 『演奏年鑑』日本演奏連盟、日本演奏連盟
  • 『日本のオペラ年鑑』オペラ団体連盟、オペラ団体連盟
  • 『クラシック音楽事業ガイド』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会
  • 『音楽芸術運営研究 No.2 2008』昭和音楽大学音楽芸術運営研究所、昭和音楽大学音楽芸術運営研究所(2009)
  • 『日本のオーケストラ2008 賃金労働条件等実態一覧』日本音楽家ユニオンオーケストラ協議会、日本音楽家ユニオン(2008)
  • 『BEYOND TALENT 音楽家を成功に導く12章』アンジェラ・マイルズ・ビーチング著/蓑口一美訳、水曜社(2008)
  • 『音楽芸術運営研究所紀要 No.6』昭和音楽大学音楽芸術運営研究所、昭和音楽大学音楽芸術運営研究所(2007)
  • 『日本のオーケストラ2007─賃金労働条件等実態一覧─』日本音楽家ユニオンオーケストラ協議会、日本音楽家ユニオン(2007)
  • 『第10回 全国オペラフォーラムの記録』日立市立科学文化情報財団、日立市立科学文化情報財団(2006)
  • 『メセナnote45号 特集:企業による音楽支援』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(2006)
  • 『公開講座=オペラ劇場運営の現在・フランス=伝統と前衛、実験する歌劇場 講義録』昭和音楽大学オペラ研究所、昭和音楽大学オペラ研究所(2006)
  • 『音楽芸術運営研究所紀要 No.5』昭和音楽大学音楽芸術運営研究所、昭和音楽大学音楽芸術運営研究所(2006)
  • 『日本のオーケストラのエデュケーション・プログラム 2006』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(2006)
  • 『世界のオーケストラ運営の現状と展望〈報告書〉』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(2006)
  • 『THE5TH NEC ART FORUM & MINI CONCERT「今、オーケストラが熱い!」─オーケストラと社会との楽しい関係─』NECCSR推進本部社会貢献室、NECCSR推進本部社会貢献室(2006)
  • 『公開講座=オペラ劇場運営の現在・イタリアII=イタリアにおけるオペラの現状と展望〜Il Teatro d'opera in Italia ieri e oppi 講義録』昭和音楽大学オペラ研究所、昭和音楽大学オペラ研究所(2006)
  • 『公開講座=オペラ劇場運営の現在・ベルギー=オペラ・ハウスの芸術運営と創作過程〜オペラ歌手によるワークショップとともに 講義録』昭和音楽大学オペラ研究所、昭和音楽大学オペラ研究所(2006)
  • 『日本のオーケストラのエデュケーション・プログラム 2004年版』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(2004)
  • 『奇跡の音楽祭 札幌・PMFの夏』谷口雅春、北海道新聞社(2004)
  • 『軌跡の音楽祭 札幌・PMFの夏』谷口雅春、北海道新聞社(2005)
  • 『クラシック音楽市場拡大の為の調査・研究』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2004)
  • 『クラシック音楽産業の活性化政策調査・研究事業ビジョン報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2003)
  • 『第4回オーケストラによるエデュケーション・プログラム オーケストラ・プレーヤーのためのワークショップ2003 報告書』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(2003)
  • 『オーケストラマーケティングの戦略2 首都圏第九コンサートの聴衆に関する調査報告書』文化創造研究所、日本オーケストラ連盟(2003)
  • 『音楽のアウトリーチ活動に関する研究 』林睦、大阪大学大学院文学研究科博士論文(2003)
  • 『コンクールでお会いしましょう--名演に飽きた時代の原点』中村紘子、中央公論新社(2003)
  • 『オーケストラによるエデュケーションプログラム 高知ワークショップ報告書』日本フィルハーモニー交響楽団、出口修平(2003)
  • 『オペラ公演の制作と事業運営に関する調査』昭和音楽大学オペラ研究所、昭和音楽大学オペラ研究所(2003)
  • 『理想の室内オーケストラとは! 水戸室内管弦楽団での実験と成就』吉田秀和・小澤征爾、音楽之友社(2002)
  • 『クラシックコンサート・人材バンクシステム 事前調査研究事業報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2002)
  • 『第2回国際シンポジウム「クラシック音楽界は消滅するのか」』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2002)
  • 『アウトリーチで行こう!--音楽とコミュニティの<相互>な関係--』トリトン・アーツ・ネットワーク、トリトン・アーツ・ネットワーク(2002)
  • 『オーケストラにおけるマーケティング・広告活動の現状と今後の課題--コンサート・マーケットと聴衆セグメントの分析--』河島伸子・田中敬文・山田真一(2002)
  • 『オルフェウスプロセス』ハーヴェイ・セイフター/ピーター・エコノミー/鈴木主税訳、角川書店(2002)
  • 『第5回全国オペラフォーラムの記録』日立市科学文化情報財団、ひたちオペラのまちづくり実行委員会(2001)
  • 『日本のオーケストラ2001--賃金労働条件等実態一覧--』日本音楽家ユニオンオーケストラ協議会、日本音楽家ユニオン(2001)
  • 『クラシックコンサート・マネジメント研修システム 試作・改造事業報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2001)
  • 『クラシックコンサート・マネジメント研修システム 講師情報報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2001)
  • 『クラシックコンサート・マネジメント研修システム 事業ビジョン報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2000)
  • 『クラシックコンサート・マネジメント研修システム 調査・研究報告書』日本クラシック音楽事業協会、日本クラシック音楽事業協会(2000)
  • 『だれがクラシックをだめにしたか』ノーマン・レブレヒト、音楽之友社(2000)
  • 『コンサート・ホールのハードとソフト--クラシック音楽を楽しむ空間の創造--』ソフト化経済センター、ソフト化経済センター(1999)
  • 『オペラ・チケットの値段』佐々木忠次、講談社(1999)
  • 『クラシック音楽/マネジメント入門』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1999)
  • 『コミュニティ・ミュージックをつくる文化会館の聖母(マドンナ)たち』坪能克裕、音楽之友社(1999)
  • 『活路開拓調査・実現化事業--クラシック音楽コンサートの鑑賞者市場の活性化に向けて--』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1999)
  • 『活路開拓ビジョン調査事業--クラシック音楽コンサート市場活性化のための調査研究報告書--』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1998)
  • 『躍るオタマジャクシ だからクラシックは面白い』大川進一郎、出版文化社(1998)
  • 『クラシック音楽産業とマネジメント事業の発展に向けて』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1998)
  • 『クラシック音楽マネジメント事業者の事業実態調査のご報告』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1998)
  • 『音楽機器産業における技術高度化のためのマネジメント関連調査研究報告書』日本機械工業連合会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1997)
  • 『オーケストラ・サミット・イン・ジャパン1997』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(1997)
  • 『アメリカ・カナダ・イギリスのプロ・オーケストラ運営の現状及び日本との比較調査』日本オーケストラ連盟、日本オーケストラ連盟(1996)
  • 『我が国におけるクラシック音楽に関する調査研究』日本クラシック音楽マネジメント協会、日本クラシック音楽マネジメント協会(1996)
  • 『ザ☆オーケストラ--その未来を考えるために』芸団協オーケストラ研究プロジェクト、芸団協出版部(1995)
  • 『21世紀の産業構造における有望成長分野としての音楽産業に関する調査研究』日本音楽マネジメント協会、産業研究所(1995)
  • 『パフォーミングアーツのマネジメント コンサートホールとオペラハウス』昭和音楽大学オペラ研究所、昭和音楽大学生涯学習センター(1995)
  • 『コンサートの文化史』ヴァルター・ザルメン、柏書房(1994)
  • 『全国オペラ団体実態調査報告』日本芸能実演家団体協議会、昭和音楽大学付属オペラ研究所(1994)
  • 『季刊メセナ No. 13 1993年夏号:音楽支援の光と陰--企業はクラシックがお好き』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(1993)
  • 『"21世紀のコンサート"展望と提言--音楽愛好家とコンサートを担う人々へ』小林公、芸術現代社(1993)
  • 『オーケストラは市民とともに 日本フィル物語』外山雄三・中村敬三、岩波書店(1991)
  • 『レパートリーシステムによるオペラ上演のための舞台建築計画に関する研究--ベルリン・ドイツオペラにおける事例研究を通して--』本杉省三(1988)
この記事をシェアする: