ネットTAM

アートマネジメントの実務

文化と経済・文化経済学

情報の内容は以下の通りです。
『本のタイトル』編・著者、出版社・発行元(出版年)

  • 『文化経済学会 年次大会予稿集』文化経済学会、文化経済学会 
  • 『京都橘大学文化政策ライブラリー04 文化によるまちづくりと文化経済』端信行・中谷武雄、晃洋書房(2006)
  • 『文化経済学入門--創造性の探究から都市再生まで』デイヴィッド・スロスビー著・中谷武雄・後藤和子監訳、日本経済新聞社(2002)
  • 『文化と社会 現代フランスの文化政策と文化経済』イヴ・レオナール編・植木浩監訳・八木雅子訳、芸団協出版部(2001)
  • 『文化としての経済』川田順造編、国際文化交流推進協会(2001)
  • 『文化の経済学--日本的システムは悪くない--』荒井一博、文藝春秋(2000)
  • 『劇場と演劇の文化経済学』徳永高志、芙蓉書房出版(2000)
  • 『生涯学習の文化経済学』野田邦弘、芙蓉書房出版(2000)
  • 『文明と文化の視角--進化社会の文化経済学』佐々木晃彦、東海大学出版会(1999)
  • 『創造都市の経済学』佐々木雅幸、勁草書房(1998)
  • 『文化経済学』池上惇・植木浩・福原義春、有斐閣(1998)
  • 『文化経済学への招待』佐々木晃彦、芙蓉書房出版(1997)
  • 『文化を事業する』清水嘉弘、丸善出版事業部(1997)
  • 『文化の消費者』アルビン・トフラー、勁草書房(1997)
  • 『福祉時代の地域社会貢献と文化・芸術支援に関する社会経済学的研究』フィランソロピー研究フォーラム・21世紀ひょうご創造協会、フィランソロピー研究フォーラム・21世紀ひょうご創造協会(1996)
  • 『舞台芸術--芸術と経済のジレンマ』ウィリアム・J・ボウモル/ウィリアム・G・ボウエン、芸団協出版部(1994)
  • 『豊かさの文化経済学』松原隆一郎、丸善 (1993)
  • 『「遊び」の値段 レジャー料金の国際比較』経済企画庁物価局、大蔵省印刷局(1992)
  • 『名画の経済学--美術市場を支配する経済原理--』ウィリアム・D・グランプ、ダイヤモンド社(1991)
  • 『アートサポート'90S--芸術と経済の新しい関係を求めて--』芸団協出版部 、丸善(1991)
  • 『美術経済白書』瀬木慎一、美術年鑑社(1991)
  • 『文化経済学の可能性--文化政策と舞台芸術の現状と未来』池上惇 、芸団協出版部(1991)
  • 『文化経済学のすすめ』池上惇 、丸善ライブラリー(1991)
  • 『絵画・美術品投資入門--新版 第3の財テク』岩崎善四郎、ダイヤモンド社(1990)
  • 『美術手帖7月号:現代美術の経済学』美術出版社、美術出版社(1985)
  • 『企業寄付増加の経済的要因』RALPH L.NELSON、萬代久尚(1982)
  • 『文化施設の経済効果 --国立民族学博物館をモデルとして--』NIRA OUTPUT、エー・エー・ピー(1981)

海外文献

  • 『Arts and Artists from an Economic Perspective』Xavier Greffe、UNESCO Publishing(2002)
  • 『Economics and Culture』David Throsby、Cambridge University Press(2001)
  • 『The Economic Importance of The Arts in Britain』John Myerscough、Policy Studies Institute(1988)
  • 『Performing Arts The Economic Dilemma A Study of Problems common to Theater, Opera, Music, and Dance』Baumol W.J./ W.G. Bowen、The MIT Press (1966)
  • 『The Culture Consumers』Alvin Toffler、St.Martin's Press(1964)
この記事をシェアする: