ネットTAM

アートマネジメントの実務

アートとキャリア

情報の内容は以下の通りです。
『本のタイトル』編・著者、出版社・発行元(出版年)

  • 『「音楽の新しい学び」フォーラム~社会に飛び出す音大生たち~ 実施報告書』昭和音楽大学内「音楽の新しい学び」フォーラム事務局、昭和音楽大学内「音楽の新しい学び」フォーラム事務局(2009)
  • 『Human Development in / through the Arts 人材育成を探る12章』中山夏織、シアタープランニングネットワーク(2008)
  • 『Drama in Education Ethics and Development』中山夏織、シアタープランニングネットワーク(2008)
  • 『平成19年度 芸術運営実習報告書』昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース、昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース(2008)
  • 『平成19年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 実演芸術組織・劇場の経営のあり方に関する調査研究(別冊 実演芸術組織・劇場の経営のあり方に関する調査研究)』日本芸能実演家団体協議会、日本芸能実演家団体協議会 (2008)
  • 『九州大学大学院芸術工学府 ホールマネジメントエンジニア(HME)育成ユニット シンポジウム・セミナー報告書』九州大学大学院芸術工学府ホールマネジメントエンジニア育成ユニット、九州大学大学院芸術工学府ホールマネジメントエンジニア育成ユニット(2008)
  • 『文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」アートマネジメント教育による都市文化再生 平成19年度事業報告書』神戸大学国際文化学部、神戸大学国際文化学部(2008)
  • 『平成18年度~平成19年度私立大学学術研究高度化推進事業 「オープン・リサーチ・センター整備事業」研究成果報告書』学校法人東成学園昭和音楽大学オペラ研究所、学校法人東成学園昭和音楽大学オペラ研究所(2008)
  • 『文部科学省特別補助「オープン・リサーチ・センター整備事業」 シンポジウム・公開講座の概要報告2001-2008』昭和音楽大学舞台芸術センターオペラ研究所、昭和音楽大学舞台芸術センターオペラ研究所 (2008)
  • 『2007年度 ACOP・鑑賞者研究プロジェクト報告書』福のり子(京都造形大学芸術表現・アートプロデュース学科教授)、京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター準備室(仮称)(2008)
  • 『平成18年度 芸術運営実習報告書』昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース、昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース(2007)
  • 『平成18年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 コミュニティシネマ/上演者ネットワーク会議2006イン北海道』コミュニティシネマ支援センター・国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)、コミュニティシネマ支援センター・国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)(2007)
  • 『平成18年度 ステージラボ・マスターコース報告書 研修企画支援事業報告書』地域創造、地域創造(2007)
  • 『プログラム・オフィサー 助成金分配と社会的価値の創出』牧田東一、学陽書房(2007)
  • 『メセナnote48号 特集:メセナのお仕事』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(2007)
  • 『平成17年度 芸術運営実習報告書』昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース、昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース(2006)
  • 『メセナnote42号 特集:アート・マネジメント教育』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(2006)
  • 『平成17年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 コミュニティシネマ/上演者ネットワーク会議2005イン金沢』コミュニティシネマ支援センター・国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)、コミュニティシネマ支援センター・国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)(2006)
  • 『平成13年度~平成17年度私立大学学術研究高度化推進事業 「オープン・リサーチ・センター整備事業」研究成果報告書』学校法人東成学園昭和音楽大学オペラ研究所、学校法人東成学園昭和音楽大学オペラ研究所(2006)
  • 『芸術分野海外研修サポートプロジェクト記録集2005』芸術分野海外研修サポートプロジェクト、芸術分野海外研修サポートプロジェクト(2006)
  • 『2005年度 ACOP・鑑賞者研究プロジェクト報告書』福のり子(芸術表現・アートプロデュース学科教授)、京都造形芸術大学芸術表現・アートプロデュース学科芸術編集研究センター(2006)
  • 『平成16年度 芸術運営実習報告書』昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース、昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科アートマネージメントコース(2005)
  • 『助成という仕事―社会変革におけるプログラム・オフィサーの役割』ジョエル・J・オロズ、明石書店(2005)
  • 『トヨタ・アートマネージメント講座 vol.45 東京 東京会議'02会議録 アートマネジメント教育 現場が求める人材とは』TAM運営委員会、TAM運営委員会(2003)
  • 『美術手帖2003年7月号:特集 アートの仕事がしたい』美術出版社、美術出版社(2003)
  • 『季刊メセナ No. 33 1998年夏号:めざせ!アートマネージャー』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(1998)
  • 『茨城県アートマネージャー養成講座』茨城県生活環境部生活文化課、茨城県生活環境部生活文化課(1997)
  • 『発信できる文化ホールをめざして--アートマネージャー養成講座の記録--』茨城県生活環境部生活文化課、茨城県生活環境部生活文化課(1995)
  • 『英国におけるアーツマネージメント教育の現状と課題--調査報告書--』日本芸能実演家団体協議会、日本芸能実演家団体協議会(1995)
  • 『季刊メセナ No. 16 1994年春号:アート・マネージメント 教育と現場--アートと社会の出会いをアレンジ』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(1994)
  • 『ステージラボ セミナーテキスト--地域の文化・情報環境づくりを担う人材育成事業--』社会工学研究所ステージラボ実行委員会、国土庁地方振興局(1994)
  • 『ステージラボ 関連資料集』社会工学研究所ステージラボ実行委員会、国土庁地方振興局(1994)
  • 『劇場運動に求められる芸術文化の仕事おこし』福岡県子ども劇場連絡会文化対策委員会・池上パンフ編集委員会、福岡県子ども劇場連絡会(1993)
  • 『欧米におけるアートマネージメント教育の現状と課題』電通総研、文化庁(1993)
  • 『美術手帖1992年12月号:特集 アートの仕事がしたい』美術出版社、美術出版社(1992)
  • 『高等教育におけるアート・マネージメント教育--欧米を中心とした芸術振興のための人材教育--』小林進・片岡真実  (1992)
  • 『平成3年度 学芸員研修会報告書』全国美術館会議、全国美術館会議(1991)
  • 『平成元年度 学芸員研修会報告書』全国美術館会議、全国美術館会議(1991)
  • 『画廊のしごと』佐谷和彦、美術出版社(1988)
  • 『昭和63年度 学芸員研修会報告書--美術館の税務に関する基礎知識--』全国美術館会議、全国美術館会議(1988)
  • 『アメリカにおける音楽ビジネス教育の現状』音楽産業資料  (1986)
  • 『フランス芸能人の生活--今日から明日へ--』フランス芸能人労働組合著・土方与平訳、日本芸能実演家団体協議会(1982)
この記事をシェアする: