ネットTAM


田村かのこさんビデオメッセージ

2022年7月11日から開催されるTAM スタジオに向けて、ファシリテーターである田村かのこさん(アートトランスレーター)よりメッセージをいただきました。

(TAMスタジオ開催概要はこちら:https://www.nettam.jp/studio/tam-studio/

テキスト

こんにちは、アートトランスレーターの田村かのこです。

このたび7月からスタートする新企画「TAMスタジオ 次代のアートマネジメントのつながり方」で、ファシリテーターを務めることになりました。

この企画はアートマネジメントに携わる皆さんが、お互いの知見や課題を共有し、横のつながりを強化して、今後の活動に生かしてもらえるようにと企画されたもので、私もプログラムの設計段階からともに、今どんな場が必要とされているかを考えてきました。

去年開催された「TAMスクール」では、ロールモデルや先例のない現場で孤独に闘っているという参加者から、継続的に悩みを相談しあったり情報共有をしたりできるような仲間が欲しいという声が多く上がりました。そこで今回は、より時間をかけて課題に向き合えるよう、全7回のミーティングを設けています。

プログラムを通してゲストを2人お迎えする予定ですが、前後のミーティングでは勉強会を行い、話を一方的に聞くだけでなく準備や振り返りをきちんとして、実質的にも気持ち的にも、みなさんの活動の糧になるような対話の場をつくりたいと思っています。

アートマネジメントは、現場の数だけ、人の数だけ多様に存在していますから、正解がないのが難しいですが、だからこそ、対話を重ねることによって、友達とも同僚とも違う、でも志や悩みは共有できる拠り所のような場になればと思っています。

年齢や経験年数は問いませんので、「私はこれからどうしていけばいいんだろう」とか、「違う環境にいる人たちと意見を交換してみたいなぁ」など、迷っている方はぜひお気軽にご応募いただければと思います。

皆さんとさまざまなお話ができることを楽しみにしています!

お知らせ 目次

TAMスタジオ開催
次代のアートマネジメントのつながり方
田村かのこさんビデオメッセージ
この記事をシェアする: