ネットTAM

アートマネジメントの実務

災害・テロとアート

情報の内容は以下の通りです。
『本のタイトル』編・著者、出版社・発行元(出版年)

  • 『すべての地に新しい陽は昇る!「アート・エイド・神戸」活動記録集』「アート・エイド・神戸」実行委員会事務局、「アート・エイド・神戸」実行委員会(1998)
  • 『第2回文化復興支援フォーラム報告書--市民グループに対する支援のあり方--』阪神・淡路震災復興支援10年委員会、阪神・淡路震災復興支援10年委員会(1997)
  • 『阪神・淡路震災復興誌[第1巻]』兵庫県/震災復興調査研究委員会、(財)21世紀ひょうご創造協会(1997)
  • 『神戸からの伝言--瓦礫に響いたバッハ』河内厚郎 、東方出版(1996)
  • 『阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査報告書』阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査研究プロジェクト委員会、阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査研究プロジェクト委員会(1995)
  • 『震災と美術をめぐる20の話』アート・ギャラリーLA FENICE、アート・ギャラリーLA FENICE(1995)
  • 『神戸発 阪神大震災以後』酒井道雄 、岩波書店(1995)
  • 『阪神大震災は演劇を変えるか』国際演劇評論家協会日本センター関西支部、晩成書房(1995)
  • 『季刊メセナ No. 21 1995年夏号:国際メセナ会議'95|阪神大震災がメセナに問いかけるもの』企業メセナ協議会、企業メセナ協議会(1995)
この記事をシェアする: