ネットTAM


1

あと4年。



column_proposal_1-1.jpg
©Relight Project

「アートに携わる方々が2020オリンピックに向けて現場がどのように思い、考えているのか? 日々の仕事や最近注目していること、関心事などを通して自由に書いてくれ」というテーマでネットTAMの連載コラムの2回目のスーパーバイザーを引き受けることになりました。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。2016年となり、あと4年で東京オリンピック。4年前を思い返すと、大分県別府市で開催された国際芸術祭「混浴温泉世界2012」の準備まっただなか。あれから4年が経つと思うと、やはり早いですね。

私は普段、アートプロジェクトを軸にさまざまな領域をつなぎ社会の課題を可視化させたり、その解決やイノベーションを生み出すことを仕事にしていますが、今のところ東京オリンピックの文化プログラムとの直接的なかかわりはなく、2020に向けて特別な意識を持つこともほとんどありません。昨年10月にはオリンピックのリーディングプロジェクトとして「東京キャラバン」が行われるなど周りではぼちぼち動き始めていることは知りながらも、どこかまだ先の話というイメージがあります。

東京オリンピックに関する論考についてはすでにネットTAMなどに多々公開されており、今回の連載ではそうした全体を俯瞰して東京オリンピックの文化プログラムを考察することはしません。むしろもっと具体的な視点からオリンピック文化プログラムを考える機会をつくりたいと考え、今回は各執筆者に自分の興味や関心と結びつけ2020年までに実現してみたい文化プログラムを構想してもらう「20万分の1のプロポーザル」を連載テーマとしました。20万という数字は、文化庁が2020年までに全国各地で20万件の文化プログラムを実施するという、文化庁の基本構想を参照しており、文化芸術の領域に留まることなく地域づくり、ビジネス、教育、テクノロジーなどさまざまな領域と接続させ活動している方々に執筆をお願いしていきます。

執筆者からどんなプロポーザルが出てくるか、読者のひとりとして楽しみにしております。

column_proposal_1-4.jpg
©Relight Project
column_proposal_1-2.jpg
©Relight Project

(2016年3月22日)

今後の予定

4月29日 15:00〜 MAD Cityでトークします。詳細はこちら

関連リンク

おすすめ!

Y PUB&HOSTEL TOTTORI
今年の1月23日に鳥取市にオープンした「Y PUB&HOSTEL TOTTORI」。先日、鳥取に行った際に初めて宿泊しましたがとても素敵なところでした。
スペースは三宅くんと蛇谷さんが経営する「うかぶLLC」が運営しているため、スタイリッシュな空間でありながらとても温かみのある楽しい時間が過ごせる場所になっています。鳥取のあれやこれやから、彼らの仕事の話を聞いても面白いことをいろいろ知ることができると思うので、鳥取にお立ち寄りの際はぜひ宿泊してみてください。

次回執筆者

バトンタッチメッセージ

第1回目は、私とともにNPO法人inVisibleを立ち上げた、菊池宏子さんに執筆を頼みます。彼女は20年以上アメリカで暮らし、東日本大震災を機に日本に帰国しました。自身はアーティストとして活動すると同時に、コミュニティデザイナーとしても活動し、国内外さまざまな地域で子どもから大人までさまざまな人々を巻き込みながらプロジェクトを実施し、地域の問題提起や問題解決を行ってきました。今回の執筆で、クリエイティブ・プレイスメーキング、ソーシャリーエンゲージドアートなど、日本ではまだ耳慣れないアートの概念とともに2020年のオリンピックに向けて自身が企画したい「20万分の1のプロポーザル」を書いていただきたいと思います。宏子さん、どうぞよろしくお願いします。

20万分の1のプロポーザル 目次

1
あと4年。
2
ふつうの仕組みを解体する
ーCreative Disruptions of Everyday Norms—
3
自由な脳と身体の協働の場として
4
一方的な文化発信のためのアートか、市民社会活性化のためのアートか
5
参加と共創による文化創造が、2020を越える地域の未来をつくる
─都市デザインから見る文化プログラムの役割
6
オーケストラのもうひとつの道
日本フィルの「音楽の森」をとおして
この記事をシェアする: